テスコ・オンデマンド
部品の内部がみたい鋳物に巣や割れがないか調べたい内部をCADデータと形状比較したい壊さずに外形・内径の寸法測定がしたい

1) ご依頼手続きの流れ

測定サービスの流れは上記のようになっています。測定納期は被測定物が当社に到着してから最短4日営業日を目安にしてください。(お急ぎの場合はお電話にてご確認下さい。)結果はメール送信し、問題がなければ、測定物を返送いたします。

2) 測定サンプルの大きさの目安

測定可能寸法は下記のようになっています。詳しくは担当までお問い合わせください。
産業用CTスキャンの場合、サンプルを回転して撮影しますので、サンプルは指定円筒内に入る必要があります。

物理的 可能測定物サイズCTスキャン機種最大撮影可能サイズ 最大搭載可能サイズ(円筒)
225KV190 mm直径 500 mm高さ 600 mm
320KV190 mm直径 500 mm高さ 600mm
450KV600 mm直径 600 mm高さ 700 mm
測定物の大きさよって使用機種がかわります。CT画像視野(直径) 上記円筒形状の中に入る大きさであれば搭載可能


3) 測定可能サンプル厚さ

CTスキャンは材料により、透過厚さ(測定可能厚さ)に制限があります。表を参考しにしてください、特殊材料についてはご相談ください。
CTスキャンのX線で透過できる厚さは右の表になっています。当社のCTスキャンサービスは225KVから450KVまでのX線源のほか、大物でも詳細に測定できる当社独自の450KVマイクロフォーカスX線源も用意しております。透過しにくい部品の詳細な測定も可能です。他社で断られた部品もぜひお問い合わせください。

▼測定可能サンプル厚さの目安(透過材料厚さの合計)
CTスキャン機種 透過可能厚さ 最小分解能
樹脂アルミ
225KV200 mm100 mm20 mm3 um
320KV250 mm130 mm30 mm20 um
450KV320 mm180 mm50 mm30 um
測定物の材料よって使用機種がかわります。 透過厚さの合計最大値 X線源の細かさ


4) 本サービス提出データ(例)

1)測定結果(3次元STLデータ)
2)専用ビューアを提供します。御社で3Dビュー、チェック、zバッファ(断面が自由に見えます)チェックが可能です。
3)レポート(詳細はお打ち合わせ)

5) 測定内容

5-1) 目的

被検体の内部を非破壊で観察します。

5-2) CT撮影

X線CTシステムを知り尽くしたテスコ社エンジニアによるCT撮影です。ご要望の箇所をお客様とマンツーマンで確認し、問題解決のお手伝いをさせていただきます。被検体のみをお送りいただき、お客様のお立会い無しでご要望箇所を撮影することも可能です。

5-3) CT画像

3次元モデル化による直観的な表現が出来ます(3D表示)。 直交3軸座標系各軸方向に沿った断面を任意の位置で観察出来ます (任意断面画像を表示)。寸法も手取れます。

5-4) 画像変換、解析

  • 表面(内側を含む)を抽出し、ポリゴン化し出力できます。(STL)
  • 検出したボイドを色づけし、3次元画像表示できます。(欠陥解析)
  • ボイド解析データ出力(位置、体積、表面積、等;CSV出力)をレポートします。
  • 専用閲覧ソフトにより、お持ち帰り頂いたデータを貴社内でご確認いただけます。
  • グレーレベル調整(コントラスト、輝度)、距離測定、角度測定
  • 任意断面表示(直交3軸系各軸方向)、3D画像(回転、移動、拡大表示)
  • ボイド解析結果表示、座標測定結果表示(VGStudioMAXによる)



  • 5-5) 測定例


    PAGE TOP

    (C)TESCO CORPORATION